(9月議会)①新型コロナ問題で質問しました

9月議会で、私・森しんいちは、6つの柱で質問を行いましたので、順次ご報告いたします。
まず、コロナ問題に関して以下の3点を質問し回答がありました。以下、その要点です。

(1)新型コロナウィルスの感染を抑えるために、PCR検査を面的・網羅的に実施することの有効性が明らかになってきていると考えますが、これについて、愛媛県との協議を行ったかどうかを伺います。また、深刻な事態になる前に、市独自で「唾液による」PCR検査の実施を「検討すること」について見解を伺います。
→【回答】愛媛県との協議は行っていない。定期的なPCR検査は、現状では無理と思われるが、8月28日に国が今後の取り組みを発表し、抗原簡易キットによる検査拡充、クラスター発生地域における一斉・定期的な検査などに言及している。国・県の歩調にあわせて、市の体制を整えて参りたい。

(2)新型コロナウィルスへの感染が確認された人や家族に対して差別的な事象が起こらないよう、住民が連帯して対応出来るために、学校や町内会などを通じて積極的に働きかける必要性について見解を伺います。
→【回答】先日も文部科学大臣から、子どもや保護者、教職員、地域住民に対し、差別につながる言動を行ったり同調したりせぬよう緊急メッセージがあった。今後も学校や自治会をはじめとする様々な団体への啓発を行い、市民の皆さまへ冷静な対応をお願いして参りたい。

(3)国保において、新型コロナウィルスに感染した被用者にも傷病手当金が支給されることとなっていますが、農家など個人事業主やフリーランスにも支給出来るようにすべきではありませんか。現にそうしている自治体があると報じられています。見解を伺います。
→【回答】個人事業主やフリーランスは至急対象外となっている。個人事業主については、新型コロナウィルス感染症に感染や感染症拡大の影響等で、特に大きな影響を受けた場合、事業者には国の持続化給付金を受けることができる。以上のことから傷病手当金の支給対象者の拡大については考えておりません。

ー続くー(次回は子育て・教育問題)

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。