水たまりの広がる市街地道路の改善を

5月6日に、東温市見奈良に住む91歳の女性が、加藤章市長にあてて請願を行いました。
見奈良駅東の大きな水たまりの広がる未舗装道路の改善を求めたものです。請願紹介議員は森眞一です。

(写真左は2021年5月5日雨天時の写真)

請願書は次の様に訴えています。

私は、東温市見奈良に住まいしております。91齢を超えましたが、ずっと気になっている事があります。それは、自宅から見奈良駅に向かう経路で未舗装道路が長年にわたって整備されないままであるということです。
道幅は普通の自動車が十分通る幅であり、大きなマンホールもあります。しかし、未舗装のため、大きな水たまりができ、最近では雨があがっても大きな水たまりが消えないほどです。資料写真の通り、昨年秋から写真を撮ってもらいましたが、水たまりは道路一面を被うほどに悪化しています。
なぜ、いつまでも舗装されないのか不思議です。私の知人たちも、口を揃えて疑問だと言います。いろいろ複雑な問題があって市の担当部でも解決手段が見いだせていないようだ-との推測話も聞かれます。それにしても、このまま放置してよいとは思えません。
市の担当部でも困難なのであれば、市長さん自ら乗り出していただいて、是非とも解決への道筋をつけていただけるよう請願いたします。

【請願事項】
◯見奈良駅東部の「水たまりの広がる市街地道路」について舗装による改善をお願いします。

※資料写真

左:2020年11月7日(雨天)

右:2021年5月4日(晴天)

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。